Chat 通信欄

【ご案内】中神美砂さんと行くモスクワ世界遺産紀行


今年も時習館同窓生の25回中神美砂さんよりロシア旅行の案内が届きました。
ご興味のある方は、添付ファイルの申込み書でお申込みいただくか、
中神さんに直接連絡を取ってください。よろしくお願いします。

中神美砂さんのメールアドレス nakagami@msh.biglobe.ne.jp

*****************************************
昨年はサンクト・ペテルブルグを主として回りましたが、今年はいよいよモスクワです。
ロシアでは黄金の秋といわれる9月にモスクワの世界遺産を訪ねます。今回の旅の始まりは「クレムリン」です。その後、ロシア正教総本山の置かれている
「セルギエフ・ポサード」やコローメンスコエなどの講義の中でお話しした世界遺産を見て回ります。どの場所も歴史的な建造物だけでなく、
自然が素晴らしく、その中を
歩いているとふと18世紀の時代に戻ったような感覚にとらわれます。モスクワに行ったらはずせない「トレチャコフ美術館」
にも訪れます。世界遺産紀行でもありますが、
ロシアの伝統にも直に触れられる機会になれば思います。勿論活気あふれるモスクワの街並みも時間のある限り皆さんと散策したいと思います。


■期間 :2018年9月14日〜2018年9月20日(7日間)
□訪問都市 :モスクワ
■利用航空会社 :日本航空
□ご旅行代金 :349,000円 ※燃料代、ビザ代などが別途かかります。
■最小催行人数 :10人
□お申込期限: 2018年7月17日(火)

詳細は添付のチラシをご覧ください。

中神美砂さんと行くモスクワ世界遺産紀行
モスクワ世界遺産紀行2018_チラシ
ご案内 中神美砂さんと行くモスクワ世界遺産紀行

演奏会への招待


時習館東京支部の皆さま

時22回生 山中と申します。
私が所属するオーケストラの演奏会のご案内です。

NTTフィルハーモニー管弦楽団 第43回定期演奏会

日時:2018年6月30日(土)開場13:30 開演14:00
会場:ミューザ川崎シンフォニーホール
指揮:田部井 剛
曲目:G.ビゼー/アルルの女 第1組曲,第2組曲より
メヌエット・ファランドール
G.マーラー/交響曲第5番

* 料金 1,500円(全自由席)

招待券ご希望の方は,メールアドレス,年次,ご氏名,
希望枚数(2枚まで)を添えて
以下までメールをお願いします。
抽選の結果,5組様(MAX10枚)に招待券を差し上げます。

メール宛先:山中(22回)
ykiyoshi[at]agate.plala.or.jp ([at]は,@に変換して下さい)
締切:6月10日(日)

NTTフィルハーモニー管弦楽団 第42回定期演奏会のご案内


標題の演奏会のご案内です。
おいで頂ける方は、山中まで メールにてお願いします。
ご招待いたします。

メールアドレス ykiyoshi@agate.plala.or.jp
(卒業年次、氏名、希望枚数 の情報を添えて)

* 日時:2017年11月25日(土) 開場 13時 開演 13時30分
* 場所:すみだトリフォニーホール(錦糸町)
* 指揮:山下 一史 * 合唱:混声合唱団コール・ミレニアム(賛助:NTT合唱団)
* 演奏:NTTフィルハーモニー管弦楽団
* 曲目: o G.ロッシーニ / セミラーミデ序曲 o G.ヴェルディ / レクイエム

19回生卒業50周年記念東京散歩


 2016年11月26日(土)恒例の一九会秋の陣が東京で開催されました。 今回は今年2017年に迎える卒後50周年記念事業企画の一環として、普段豊橋の一九会に参加できない首都圏在住者はじめ多くの同級生との交流サポートを意図しての企画でした。
50周年に向け結集、盛り上げていこうという記念実行委員会のこの暖かい配慮に呼応して企画を委ねられた東京サイドでは夏に開催された時習館同窓会東京支部総会の後で当日参加の8名で真剣に協議し、内容は東京で実施している普段の一九会の集まりを楽しんでもらおうということですんなり決まりました。
東京での一九会は組織化され定期的に開催されているわけではなかったのですが、数年前から藤井福夫君(12組)が中心となり、伊藤精美君(7組)の案内による都内庭園・公園散策と懇親会を開いており、今では参加者も増え、この会が東京での一九会活動の中核となっています。
 さて、今回企画!「一九会50周年記念東京散歩 徳川家ゆかりの上野公園を巡る」と題し精美君が綿密な案内行程を作成してくれました。宴会は東京のうなぎ名店の「伊豆栄」。
当初豊橋から大型バスで大勢駆けつけるとの情報もあり、宴会場の制約から80名程度に絞りたいね!なんて打ち合わせをしていたけど蓋をあけてみると参加者総勢40名!




 さて当日13時半、秋色輝く上野、東京文化会館前に30名が集合、早速精美君の解説で世界遺産登録となった国立西洋美術館建物やロダン等屋外彫刻見学から始まり、野口英世像、寛永寺旧本坊表門等を経て寛永寺根本中堂へ。浦井長老から寛永寺の説明を受け、今回のハイライトとも言える徳川家御霊廟へ。将軍家綱、綱吉、吉宗等の様式変化を伴いながらの厳かな霊廟、家定公の隣には篤姫の霊廟も!真っ赤な紅葉が趣を沿え、精美君の計らいなしには見学できない貴重な機会でした。

寛永寺五重塔が残る動物園への入園は省略し、上野公園開設に助力したボードウィン像、東照宮、大仏、清水観音堂等をブラブラと巡りましたが、上野に動物園があったんだ!とかスカイツリー初めて見た!とかの感想が漏れ聞こえたのと同時に東京組にとっても上野公園内の全く知らなかった数々のスポットを初めて知る機会でもありました。
 そして16時半、伊豆栄本店での宴会開始です。公園散歩に参加できなかった10名を加えて40名(うち女性13名)。権田一九会会長、戸田実行委員長の挨拶に続き山本三行君の音頭で乾杯、本当に久しぶりの旧友も交え、永遠の絆を確認しあうことができました。
ここでの出し物は50周年記念式典時のアトラクションとして予定されている“おどり”の権田、戸田、定盛和子、山田陽一各氏による真剣な披露、そして東京からは後藤一代さん(11組)のマジック、更に関西から駆けつけてくれた三井節子さん(8組)による日本舞踊の披露もありました。慌ただしい中での締めは声が不調の小林佳雄君に代わり小栗元会長。

 その後二次会のカラオケに上野の夜は更けて!翌日、は赤坂にある佳雄君の焼肉店で小宴会!
次回大宴会は本番5月14日!

◆ご案内

このコーナーでは、時習館東京支部の会員の各種活動(出版、講演、演奏会、イベントなど)のご案内を掲載します。
掲載希望の方は下記までご連絡下さい。

  chat@jishu-tokyo.org

ただし、公序良俗に反する内容及び、宗教・政治活動に関する内容などについては掲載できません。また、それ以外でも掲載をお断りする場合があります。